発表資料|イベントヒストリー分析のためのデータ加工とモデル選択

本日の研究会にて、標題のタイトルで発表をさせていただきました。

データの加工方法についてStataのシンタックスを紹介しているほか、テキストなどであまりまとまって論じられないトピック(依存性、個人の異質性、impact functionなど)にも触れています。

資料は以下になります。Notesの方にもアップロードしております。

イベントヒストリー分析のためのデータ加工とモデル選択 (2016/2/9 修正版)

イベントヒストリー分析をしてみたいという方の助けになれば幸いです。