発表資料|Chapter 5 Matching Estimators of Causal Effects

2016年1月23日の計量社会学研究会のスピンオフ企画、「因果推論を学ぶ会」の第3回にて、Morgan, Stephen L. and Christopher Winship, 2015,"Chapter 5 Matching Estimators of Causal Effects," Conterfactuals and Causal Inference Methods and Principles for Social Research: 2nd Edition, Cambridge University Press, 140-187. の要約を担当しました。マッチング、特に傾向スコアによるウェイティングを用いたマッチングによる因果推論の方法の概略を示した章になります。

その際に使用したレジュメをこちらにアップロードしました(Notesのほうにも別途アップロードしています)。本書を読む方の参考になればと思います。