経済社会学研究会の開催情報

私の所属する東京大学社会学研究室では、自主的な研究会活動が活発に行われていますが、このたび、標題のとおり「経済社会学研究会」という研究会を立ち上げました。関心があり、参加を希望されるという方は麦山までご連絡ください。

研究会の内容・方針

経済社会学(Economic Sociology)に関する理論的・経験的論文を購読します。隣接領域である、労働社会学・産業社会学・社会階層研究などに属する論文も取り上げます。

一人ではなかなか読むのが億劫な論文や本を相互監視のもとでちゃんと読もう、というのが主な目的です(笑)。

内容そのものをきちんと理解することはもちろんですが、経験的な研究への応用や、理論を研究のなかでどのように位置づけるか、ということに関する議論にも重点を置きながら進めたいと思います。

最初の数回は、経済学の古典的な論文を購読していく予定です。その後、社会学がこれらの理論をどのように批判し、新たな理論を提示してきたか、に焦点を当てていくことを考えています。

開催のペースは、月に1回程度を予定しています。参加者の意見等を反映させつつ、柔軟に運営していこうと考えています。

研究会の詳細

第1回研究会
第2回研究会
第3回研究会
第4回研究会
第5回研究会
第6回研究会
第7回研究会
第8回研究会
第9回研究会
第10回研究会
第11回研究会

【日時】
6/27 (Tue) 19:00 ~ 20:30

【場所】
東京大学本郷キャンパス法文2号館 社会学研究室地下実験室

【購読文献】
Lin, Nan. 2001. Social Capital: A Theory of Social Structure and Action. Cambridge University Press.(=2008,筒井淳也・石田光規・桜井政成・三輪哲・土岐智賀子訳,『ソーシャル・キャピタル——社会的構造と行為の理論』ミネルヴァ書房.)

今後の文献候補(メモ程度)

Mincer, Jacob. 1974. Schooling, Experience, and Earnings. New York: Columbia University Press.

Lazear, Edward P. 1979. “Why Is There Mandatory Retirement?” Journal of Political Economy 87(6):1261–84.

Reskin, Barbara F. and Patricia A. Roos. 1990. Job Queues, Gender Queues: Explaining Women's Inroads into Male Occupations. Philadelphia: Temple University Press.

Rosenbaum, James E. 1979. “Organizational Career Mobility: Promotion Chances in a Corporation During Periods of Growth and Contraction.” American Journal of Sociology 85(1):21–48.

Williamson, Oliver E. 1981. “The Economics of Organization : The Transaction Cost Approach.” American Journal of Sociology 87(3):548–77.

Baron, James N. and William T. Bielby. 1980. “Bringing the Firms Back in: Stratification, Segmentation, and the Organization of Work.” American Sociological Review 45(5):737–65.

Grusky, David B. and Jasper B. Sørensen. 1998. “Can Class Analysis Be Salvaged?” American Journal of Sociology 45(5):1187–234.

Weeden, Kim A. 2002. “Why Do Some Occupations Pay More than Others? Social Closure and Earnings Inequality in the United States.” American Journal of Sociology 108(1):55–101.

Rosenbaum, James E. 1986.“Institutional Career Structure and the Social Construction of Ability.” Pp 139-172 in Richardson, John G. ed. Handbook of Theory and Research for the Sociology of Education, Greenwood.

Granovetter, Mark. 1981. “Toward a Sociological Theory of Income Differences.” Pp. 11–48 in Sociological Perspectives on Labor Markets, edited by Ivar Berg. London: Academic Press.

Meyer, John W. and Brian Rowan. 1977. “Institutionalized Organizations: Formal Structure as Myth and Ceremony.” American Journal of Sociology 83(2):340–63.

DiMaggio, Paul and Walter W. Powell. 1983. “The Iron Cage Revisited : Institutional Isomorphism and Collective Rationality in Organizational Fields.” American Sociological Review 48(2):147–60.