第64回数理社会学会大会で報告しました/する予定でした

口頭報告

9月17–18日に札幌学院大学で開催される第64回数理社会学会にて、「雇用の安定性にみる離職経験後のキャリア形成——2015年SSM調査データを用いて」というタイトルで報告しました。離職を経験した人びとはその後安定的な雇用を獲得できているのか、どのような離職を経験した場合により不安定となるのか、さらに離職経験とその後の離職確率の関連がどのようなメカニズムのもとで生じているのかについて、職業経歴データを用いて検討しました。

報告資料

補足資料

ポスター報告

さて第64回数理社会学会大会は、1日目は問題なく開催されたものの、2日目は台風警報が出ていたため、中止となってしまいました。そのため、東京大学大学院教育学研究科の豊永耕平さんとの共著で予定していたポスター報告をすることができませんでした。せっかく作ったのにもったいないので、内容をアップロードいたします。

pdfファイルの閲覧・ダウンロードはこちらからお願いいたします。